代表的なまつ毛育毛剤のルミガンがまつ毛をしっかり育てるメカニズム

目がきれいな女性

ルミガンはまつ毛育毛剤の代名詞とも言えるほど知名度が高いですが、まつげを濃く長くする働きがあります。まつ毛が長くなるメカニズムはルミガンに含まれている、ビマトプロストという有効成分が毛周期に作用するからです。髪の毛と同じように毛周期があり、それに従ってまつ毛が抜けたり成長したりします。ビマトプロストが毛周期の中の成長期を長くするため、まつ毛も成長しやすい環境になります。まつ毛育毛剤を使うとまつ毛が濃くなるメカニズムは、ルミガンをつけることでメラニン色素を作る働きが作用するためです。

この作用によって色が濃くなるため目のラインがはっきりしますし、艶のある黒いまつ毛が手に入ります。まつ毛が太くなるメカニズムは毛周期が正常になり、休止期の毛根が刺激されるため、健康的な太いまつ毛が育ちます。特にまつ毛育毛剤であるルミガンは、医薬品なので有効成分ビマトプロストによる働きは期待することができます。毛周期は個人差もありますが、短い人で約1ヶ月・長い人で約3ヶ月で成長していき、その後2ヶ月から半年くらいで抜け落ちていきます。まつ毛の毛周期は体毛や髪の毛に比べると、かなり短いのが特徴でルミガンはその毛周期へ働きかけます。

洗顔やメイク中に抜け落ちることも多く、特にアイメイクのクレンジング時や、ビューラーを使っている時に抜けます。毛周期は成長初期・成長期・退行期・休止期の四つの期間が一つになり、毛周期としてまつげを成長させています。ルミガンは成長の期間を長くさせるので、この時に長くしっかりとした毛を育てることができます。短く少ないまつ毛は成長期間が短いため、長く育つ前に抜け落ちている可能性があります。成長期は毛母細胞の分裂が始まりまつ毛が成長し始め、細くて柔らかい毛質や表面に出てきていなくても、新しい毛根が育っています。

この時期に合わせて細胞分裂を活発化させる効果のあるルミガンをつけると、成長期に成長が促進されます。成長期には細胞分裂が活発に行われますが、この時期にまつ毛に過度な刺激を与えると、成長や本数の増加に影響を与えることになるので慎重に扱います。後退期には毛母細胞の分裂が終わり、毛根が小さくなっていくのでまつ毛は少しの刺激でも抜けやすくなっています。まつ毛の毛周期は毛の1本1本にあり、全てが同時に生えるということはないので、毎日まつ毛育毛剤をつけまつげを育毛していくことが大切です。

関連記事
まつげ育毛剤を通販で購入する際にチェックすべきポイントはどこ? 2020年05月20日

まつ毛育毛剤は医薬品なので一般の薬局やドラッグストアでは販売しておらず、病院で医師の診察を受け処方箋を出してもらう必要があります。市販で買うことができるのはまつ毛美容液で、医薬成分が入っていないですし、効果も穏やかなものばかりです。発毛できる毛根がある人に対して、まつ毛が生えてくる効果が高いまつ毛育...

まつ毛にパーマをかけるとどれくらいの期間持続する? 2020年06月24日

まつ毛パーマが持続する期間は、その生えている毛が抜け落ちるまでで、生え変わりは1ヶ月半になっています。したがって1ヶ月くらいで半量のまつ毛が新しく生え変わったものになるので、若干パーマが落ちてきたような見栄えになります。新しいまつ毛が生えてくるとナチュラルで、カールしていないためカールと地毛とのばら...

まつ毛の美容を考えている人はアレルギーに注意が必要! 2020年06月09日

まつ毛の美容に力を入れている人が使っているのは、まつ毛美容液が多いですがアレルギー反応があることでも知られています。アレルギーの心配がある人は、無添加やオーガニック・アレルギーテスト済みなどの表記がある商品を選べば、大きなリスクは避けることができます。実際にはアレルギーはまつ毛美容液の成分と肌の相性...

まつげ育毛剤のルミガンとジェネリックで使い方に違いはある? 2020年05月01日

ルミガンはまつ毛を発毛させる効果があるまつげ育毛剤ですが、ジェネリック医薬品もあり同じ効果が期待できます。さらに使い方も同じなので今までルミガンを使用していた人は、違和感なく使うことが可能です。またカラコンなどのコンタクトレンズは外し、裸眼の状態でつける必要があり、レンズに付着した場合は変質する可能...

皮膚科で処方してもらえるまつげ育毛剤って本当に効果が高いの? 2020年04月03日

まつげが少ない人や抜けてしまって、なかなか生えてこないという人は皮膚科へ行くと、診察をしてもらうことができます。これはまつ毛貧毛症という名前がついていて、まだ毛が生えてくる可能性がある毛根がある場合は、まつげ育毛剤が処方されます。生まれつきや傷ができてしまい、毛根がなくなっている場合は、まつ毛の植毛...