まつげ育毛剤のルミガンとジェネリックで使い方に違いはある?

きれいな目

ルミガンはまつ毛を発毛させる効果があるまつげ育毛剤ですが、ジェネリック医薬品もあり同じ効果が期待できます。さらに使い方も同じなので今までルミガンを使用していた人は、違和感なく使うことが可能です。またカラコンなどのコンタクトレンズは外し、裸眼の状態でつける必要があり、レンズに付着した場合は変質する可能性があります。まつげ育毛剤のジェネリックの使い方はアプリケーターを用いて、丁寧に目の際へつけていきます。アプリケーターは一つずつ個装になっているので、使う前に1本だけ準備をすることで、清潔な状態を保つことができます。

アプリケーターは筆タイプになっていますが、毛量が多いと感じる人はハサミでカットし、少し細くしてから使うケースもあります。専用のアプリケーター以外でも代用として、綿棒や歯間ブラシ・使い捨てのリップブラシなどがあります。人によって使いやすいものが違うので、試して見て目のキワへ綺麗につけられるものを採用します。ジェネリックのまつげ育毛剤を1滴だけアプリケーターにつけますが、難しいときは清潔な小皿へ1滴垂らしてアプリケーターを浸すこともできます。まつげ育毛剤を塗る場所はまつ毛の生え際で、毛根へ浸透させる必要があります。

ルミガンもジェネリック医薬品も、毛根へつけなければ効果が出ないので、少量を取りアイラインを引くように薄くつけます。ルミガンやジェネリック医薬品には、メラノサイトを活性化する働きがあり、まつ毛にとっては黒く濃いまつ毛が生えるメリットがあります。しかしこれが皮膚へ付着すると、皮膚に存在するメラノサイトを活性化させるため、黒ずみや色素沈着を起こすケースが見られます。アプリケーターや代用品を使って、目の際へ薄くつけることで、黒ずみなどある程度は防ぐことができます。薬剤は上まつ毛の根元だけにつけ、下まつげには塗らないようにすることはポイントです。

あえて下まつげにつけると液漏れや、目頭や目尻に薬剤がたまり黒ずみ、産毛が生えるなどの副作用が起こりやすくなります。上まつ毛に適量をつけて瞬きをすれば、下まつげにも自然に付着するため定められた量を塗布することができます。また使用回数は1日1回で、夜に行うスキンケアの時に使えば、つけることを忘れにくいですし効果も高まります。ルミガンやジェネリック医薬品は紫外線を浴びると、色素沈着をしやすくなるため、朝つけることは極力避ける必要があります。

関連記事
まつげ育毛剤を通販で購入する際にチェックすべきポイントはどこ? 2020年05月20日

まつ毛育毛剤は医薬品なので一般の薬局やドラッグストアでは販売しておらず、病院で医師の診察を受け処方箋を出してもらう必要があります。市販で買うことができるのはまつ毛美容液で、医薬成分が入っていないですし、効果も穏やかなものばかりです。発毛できる毛根がある人に対して、まつ毛が生えてくる効果が高いまつ毛育...

代表的なまつ毛育毛剤のルミガンがまつ毛をしっかり育てるメカニズム 2020年04月14日

ルミガンはまつ毛育毛剤の代名詞とも言えるほど知名度が高いですが、まつげを濃く長くする働きがあります。まつ毛が長くなるメカニズムはルミガンに含まれている、ビマトプロストという有効成分が毛周期に作用するからです。髪の毛と同じように毛周期があり、それに従ってまつ毛が抜けたり成長したりします。ビマトプロスト...

皮膚科で処方してもらえるまつげ育毛剤って本当に効果が高いの? 2020年04月03日

まつげが少ない人や抜けてしまって、なかなか生えてこないという人は皮膚科へ行くと、診察をしてもらうことができます。これはまつ毛貧毛症という名前がついていて、まだ毛が生えてくる可能性がある毛根がある場合は、まつげ育毛剤が処方されます。生まれつきや傷ができてしまい、毛根がなくなっている場合は、まつ毛の植毛...